Googleの新スマホ【Pixel 4】を予約しました

Googleの新スマホ【Pixel 4】を予約しました

by えこ
0 コメント

2019年10月15日(現地時間)に開催されたGoogleのイベント「Made by Google ’19」でGoogle製の新しいスマートフォン「Pixel 4(ピクセルフォー)」が発表されました。仕事用の端末をちょうど変更したいと思っていたので、私も早速Pixel 4を予約してみました。

ちょうどいいタイミングでやって来た「Pixel 4」

というわけで予約しちゃいました、Google謹製のスマートフォン「Pixel 4」。ひとつ前の「Pixel 3」(と、その廉価版のPixel 3a)はタイミング的にも全く食指が動かず見送っていたのですが、今回の発表には思わず前のめりに。

このサイトでも何度かレビューしているキャタピラー社のAndroid端末「CAT S60」ですが、その後のレビューなども出来ぬまま随分と時も流れまして、結果的には手元に無い状態です。(水没して動かなくなるっていうCAT S60らしからぬ最期を迎え、メーカーの神対応のおかげ?で返金対応となりました。)(この辺りのお話はその内ブログで書けたらと思います)

そんなこんなでCAT S60が去った後はiPhone 7などを経由しつつ、いま現在はBlackBerry KEY2 BLACKに落ち着いていた仕事用端末なのですが、ここ最近、どうにもこうにもQWERTY入力に疲れて来てしまいまして。(もしもここがBlackBerry信者の方がすべての世を統べる世界線だったとしたなら、迷わず死刑に処されても仕方のない発言ですね…)

BlackBerryと罪深い私

かつてはBlackBerry Bold 9900を愛用しQWERTY入力の素晴らしさとそのクールな佇まいに惚れ込み、「一生BlackBerryします」というどうでしょう精神(※参考:「水曜どうでしょう」)のようなものを深く強く心に感じた私。その後スマートフォンが隆盛する時代となってからもBlackBerry Classicを使うなどしてBlackBerry端末にしがみ付いて身を委ねてきました。

けれど悲しいかな一度でもフリック入力という甘い汁を吸ってしまった人間は、二度とQWERTY入力という禅の境地に立ち戻ることはできないのです。フリック入力というぬるま湯にヒタヒタに浸かりきり、片手でシュッシュと入力する毎日。身も心も完全に甘やかされてしまった私は、気が付けば、BlackBerry KEY2を心から愛することができなくなっていました。

悪いのは私。死刑も甘んじて受け入れます。いっそ殺してくれたって構わない、その柔らかにラウンドしたフレームの角で私の秘孔を突いてくれ。

かすかにラウンドしたボディのおかげでBlackBerry KEY2はとても持ちやすく扱いやすい端末となっていますので、「かすかにラウンドしたボディの端末が欲しいな」という方にはとてもおすすめできる端末だと思います。ついでにQWERTY入力もできます。皆さんもぜひ…(遺言)

私を殺す前のBlackBerry KEY2さん(BLACKモデル)
私を殺す前のBlackBerry KEY2さん(BLACKモデル)

はい。

というわけで、タイミングの良いリリース発表を受け、これ幸いとばかりにサクっと予約したPixel 4。ジェスチャー機能(※発売直後時点では日本国内版は未対応とのこと)や文字起こしにも対応したボイスレコーダー機能、スマホ界最速という顔認証システムなどなど、気になる機能も目白押しの新端末。ちなみに私が予約したのは小さい方。(Pixel 4 XLではなく、Pixel 4 無印)

今ならヘッドフォンアダプター(USB-C)も無料で付いてきます。さらにGoogleストアで予約購入する場合は16,000円分のGoogleストアクレジットも貰えちゃいます。至れり尽くせりですね。これもう実質無料で買えると言ってもいいのでは???(よくない)

Pixel 4を購入
Pixel 4を購入。テンション上がってケースも買っちゃいました。

手元に届いていない状態ではレビューはおろか大したコメントもできませんので、ひとまず今回は予約したよっていうご報告までに。発売後、手元に配送されてきましたら写真なども交えながらじっくりとレビューしたいと思います。(BlackBerryに殺されなければ)

0 コメント
1

コメントする

当サイトはサイトや広告を改善するためにCookieを利用します。Cookie設定はブラウザ設定から変更可能です。 OK もっと詳しく